• 社長の「手間がかかる」「わからない」をお手伝いします

    2022年8月28日、小樽観光ガイドクラブ主催、2022年度小樽市民のための無料散策ツアー「榎本武揚・北垣国道に因んだ歴史ある商店街を歩いてみよう」が開催されました。私もガイドの一員を務めました。

    ツアー出発前に龍宮神社の本間宮司から神社と榎本武揚に関するお話しをしていただきました

    コースは、明治期の北海道開拓に功績を残した榎本武揚(えのもとたけあき)が建立した「龍宮神社」をスタート地点として、榎本武揚に所縁のある「梁川(やながわ)通り」「静屋(しずや)通り」などを巡り、堺町通りをゴールとする2km弱の行程です。

    散策ツアーで私がご案内したコース

    先日、私が榎本武揚の足跡を訪ねて江別市の「榎本公園」に行ったのは、この散策ツアーでの説明の参考にするためでした。

    榎本武揚は「号」を「梁川(りょうせん)」と称しました。今回の散策ツアーのコースに入っている「梁川(やながわ)通り」は榎本武揚が明治時代に小樽に所有していた土地にあることから、彼の号「梁川」に因んで名付けられています。

    梁川通りには梁川商店街があり、通りの街灯には商店街ののぼりが掲げられています。そののぼりに表示されている家紋は「丸に星梅鉢」といって榎本家の家紋です。

    小樽に数少なくなってしまった銭湯の一つ「柳川湯」前にある梁川商店街ののぼり

    榎本武揚と小樽の土地に関して、さらに次稿で説明いたします。
    散策ツアーのタイトルのもう一人、北垣国道(きたがきくにみち)についても、後日説明したいと思っています。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA